ドン・キホーテ水族館~港山下総本店

ドン・キホーテにはたまに水族館にあってもおかしくないような立派な水槽がある店舗があり、

個人的にドン・キホーテ水族館と呼んでいて

過去はこちら↓

ドンキホーテ水族館

今回は横浜、中華街の近くにある港山下総本店!

この一基のでかい水槽だけなのだけど、中は立派!

残念ながら、映り込みがすごくてうまく写真がとれなかったけど、良い水槽でした!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム~中華街のオアシス!

今回は本日オープンした横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウムに行ってきた!

ここはもともとは「よしもとおもしろ水族館」と、吉本興業の施設だったのが、その後

「ヨコハマおもしろ水族館」に代わり、今回「横浜開運水族館 フォーチュンアクアリウム」となった。

その名残か、エレベータにはいろんな名前の壁紙が張ってあったり・・・

まず入る前に、自分の生年月日を入力する。

入力すると、番号が表示され・・・

その番号の箱の中からおみくじを引く。引くと番号が書かれていて、その書かれている番号の書いてある

水槽に書いてある助言?を見て占う、というコンセプトのようだ。

こんな感じで、水槽に言葉が書いてある。

この占いは何か監修があるのかね??

展示はというと、すんごいまともで、伊勢海老や

冷たい海にすむフサギンポ、唇が特徴なのにその唇しかみえなかった笑

この辺水槽のレイアウトは以前と変わらず、周りの雰囲気ががらりと変わった感じ!

クマノミ

ウツボ、たぶんこの水族館で一番大きな魚かな?

銀ブナのような、淡水魚もちょっとある。

確か以前はここに流しの水槽があったが、きれいなレイアウトの水槽に代わっていた!

確かこの水槽は以前は深海魚がいたところだったような?

(ちなみ、以前のヨコハマおもしろ水族館の時は、深海魚が多く展示されていたが、今回はいなかった)

このレイアウトはそのまま!

サンゴの水槽、こういった王道の水槽もちょっとある。

この貝の名前が思い出せない・・・水槽をきれいにする貝なのだけど・・・

以前は毒魚の展示されていた水槽。

その名残で、まだ檻のある水槽も。

確かに、オニダルマオコゼは超危険。

ポルカドットバットフィッシュという、歩きそうなおさかな。

ピラニアナッテリー、一匹だけだった。

グッズ売り場にあった食べるパワーストーン、ちょっと話題っぽい。

以前ダンゴウオのいた水槽はミナミハコフグやコンゴウフグのいる水槽になっていた。

そして一番のおすすめエリア、以前はあかちゃん水族館という名前で、子供の遊べる水槽だったのだけど、

今回はソファーがおいてあり、大人も休憩できる場所になっていた。滑り台の水槽だけが残っていた。

中華街は特に休日はごみごみしていて、休むところも少なく、こういったゆっくり座れる場所はありがたい!

まさにオアシス!!

うちのちびも楽しそうに遊んでいて、親も少し休めた!

(ちなみに、授乳室も綺麗で、おむつ替えもできた!)

こちらは両生類の水槽。

ベルツノガエルや

アカハライモリなどがいた。

そして、最初に引いたお守りは神社のようにここに縛る!

このエリアは水槽の位置が低くて、大人は見づらいのだけど、子供には本当に見やすくて(おまけにこのエリアは靴を脱ぐので安心!)

これは以前来た時はきづかなかったなー、と。

そんな感じの水族館でした!以外に子連れにおすすめの施設でした!

スポンサードリンク

【お取り寄せグルメ ギフト】横浜中華街 重慶飯店 点心セット 8種 みなと町 重慶焼餃子をメインに、全8種の点心を36個詰合せ致しました。   重慶飯店(ジュウケイハンテン)
スポンサードリンク

相模川ふれあい科学館 アクアアリウムさがみはら~おわかりいただけただろうか?

ちょくちょくは訪れていたけど、相模川は久しぶりのブログ投稿!

早速入口のどじょう先輩に挨拶をし

今回はメダカ展ですね!

まずは国内に住んでいるメダカの種類のおはなし。

なじみのある黄色いメダカは品種改良されたメダカで、野生のメダカは黒っぽい。

その中でも、神奈川県のメダカの種類。現在神奈川県では酒匂川にしか野生がいないんだとか(!)

メダカはメジャーだけど、貴重な生き物。

こちら面白い水槽でボタンを押すと、水流が発生して、メダカがその流れにそって泳ごうとする

姿がみえるという実験水槽でもある。

そしてこちらの水槽、おわかりいただけただろうか?

海水魚のクマノミと淡水魚のメダカが一緒に泳いでいる水槽で、実はメダカはちゃんと適応させると海水でも生きてるよ、

というお話。

ビオトープの水槽、水中を除くメガネ?をつかうと中を見れるよという話。

ここから通常展示、アオダイショウ。

ツチガエル

こちらはカヤネズミ、昼のすがたと夜の姿をみることができる。

ヒキガエル。

トウキョウダルマガエル。

アカハライモリ。

後半爬虫類両生類になってしまった・・・・魚全然撮ってなかった・・・

スポンサードリンク

黒岩メダカに私の可愛いが通じない(1) (週刊少年マガジンコミックス)   久世蘭 講談社
スポンサードリンク