富士花鳥園~日本一のフクロウ王国!

※この記事は旧ブログからの移植記事です

今回は富士花鳥園!

ほとんど山梨県に近い静岡にあり、アクセスはあまりよくないんで、車じゃないとキツイ。

しかしここはなんとフクロウの種類が日本一で、ここにしかいないフクロウも多い!

クロワシミミズク。

トルクメニアンワシミミズク。ミミズクの中で最大種のワシミミズクの亜種らしい。

カラフトフクロウ。

よく動物園などでも見かけるシロフクロウ。

さて、ここまででミミズクとフクロウの違いはわかりましたか?

ではこれは???

 

正解はミミズク(ちなみに、マレーウオミミズク)

みみっぽい羽があるのがミミズク、ないのがフクロウらしい(例外もあるそうだが・・・)

これはフクロウ(アカアシモリフクロウ)

ナンベイヒナフクロウ。

オオフクロウ。

ベンガルワシミミズク。

アマリカワシミミズク(かっこよくない?)

メガネフクロウ。名前の由来はやっぱり模様。

メンフクロウ、お面をかぶってるようだからメンフクロウ。

これが日本唯一のニセメンフクロウ。ここでしかみれないよ!

フクロウ、日本にもいる種類!

ここは花鳥園なので、園内は花だらけ!でもおいら花はよくわからないので、こんなもんでw

バードゲージには入ることができて、有料の餌を買うと鳥たちが遊びに来る(ちなみに、なくても遊びに来る(笑))この子はコガネメキシコイン。ペットショップでもたまにいるけど、ちょっと高い。

ちなみに、ここは猛禽類以外の鳥のほとんどに餌あげが可能!

猛禽類にはNGなのは、猛禽類って餌がネズミとかうさぎとかだからね・・・

その時には水族館の人気者、ペンギンも可能!ちなみケープペンギン。

ペンギンの餌上げがこんな軽くできるのは本当に珍しい!

個人的に一番びっくりしたのがなんとフラミンゴにもあげることができる!

オシドリにも可能だよ!

このかわった鳥はクロエリセイタカシギ。

水鳥にも餌をあげれるとは・・・やるなぁ。

これはダチョウではなくエミュー。まぁダチョウの小型版みたいな感じ。

そのエミューをこの広い施設(写真にうつってるので半分ぐらい)で飼育しているのだから驚き。

この広い池にはコイや水鳥が泳いでいて、もちろん餌あげも可能。規模はんぱねぇ・・・

さてこのアヒルちゃん、実はバードショーの最初に出てきただけw

ここのおすすめはバードショー、フクロウと

なんとかホーク(名前忘れた・・・)が出て、お客さんの上を飛んだりしている。

ちなみにショーは飛ぶだけ。本当はもっといろいろできるのだけど、この子たちは繁殖個体で、野生の狩りをしらない。

あまり教えてしまうと、園内にいるウサギやモルモットなどを襲ってしまうかもしれないので、教えていないんだそうだ。

写真には載せれなかったが、ほかにもいろんな種類の鳥と植物がいた。

鳥好きにはぜひおすすめの施設でした!!

 

あまり水族館ブロガーっぽくないネタですいませんw

スポンサードリンク

 

はじめてのフクロウとの暮らし方 (いちばん役立つペットシリーズ)
クリエーター情報なし
日東書院本社
スポンサードリンク

投稿者:

liena_bard

趣味で全国の水族館をメインにたまに動物園を巡ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です