iZoo~爬虫類専門の動物園とウミイグアナ!

先日念願の!!iZooに行ってきました!

早速中へ!

変な像はさておき、少しこの施設を紹介。

iZooは元はアンディランドという亀専門の施設だったのだけど、日本最強の動物商(動物商とは、簡単にいうと海外から動物を動物園やショップに卸す仕事)である白輪剛史さんが飼い取り(!)、爬虫類専門の動物園として再オープンした施設。

爬虫類専門と言えば動物園にある爬虫類専門のコーナーがあるのだけど、そんな所とは種類も個体数も違う!

故に、珍しい動物が本当に多い、爬虫類好きにはよだれがでるほどの施設である。

入るとまずいたのがグリーンイグアナ!ウソつけ!シロイグアナだ!

じゃなくて、これはグリーンイグアナのアルビノなので、白くてもグリーンイグアナなのだ。

ホウシャガメ。展示してる施設は多いのだけど、密輸なども多く絶滅危惧種。

レッサーアンティルイグアナと、キューバイワイグアナ。

どちらもiZOOだけで展示の希少種なのだけど、爬虫類初心者のおいらには違いが分からない・・・

ちなみに展示場はこんな感じ!

次のコーナーへ、なんか水族館みたいになってきたw

スッポンモドキ

ミドリニシキヘビ!この辺は一般でも飼えるのかな?

モニター映像で申し訳ない・・・

これはミミナシオオトカゲという世界で唯一展示している超レアトカゲ。

暗くて写真には撮れなかったので、映像ですんません・・・

ちなみに、この超レアなトカゲを繁殖しているから驚き・・・学術レベルですごいのだよ!!

これね、エリマキトカゲw

エリを出すのは威嚇の時なので、普段はしまっている。それでも駄目な時はダッシュで逃げる。

逃げる時はエリをしまうのだけど、エリを出したまま逃げるのは相当てんぱってたのでは?と館長さん。

世界一美しいイグアナ、フィジーイグアナ。日本唯一な上、タマゴまでうますとは・・・

エグズーマツチイグアナ。日本唯一の展示!

ちょうどお食事中だったのだけど、この子はミルワームばかり食べていて。

別個体と

展示場全体!!

こいつはチュウゴクワニトカゲ。

トカゲなのに胎生。

お!これは!

今回のお目当て、ウミイグアナ!なんとも言えない顔wってかむきむきじゃない?

別角度。

ウミイグアナはもちろん日本唯一で初展示で、しかも生態展示。

運が良いと潜る所がみれたのだけど、一向に入る気配がなかったのであきらめた・・・

次はみたいな!

この辺からはヘビ達の出番。

これは超有名なキングコブラ。普段は首のまわりは閉じている。

もちろん噛まれたら死んでしまうことだってある超危険なコブラ。

これはナタールニシキヘビ。最大7mにもなり、人を食べた例もある・・・

ナイルオオトカゲ!

シンリンガラガラ、そう、有名なガラガラヘビ!しっぽの先にがらがらする部分がある。

サキシマハブ、そう日本の毒へび!

よく顔が三角のヘビは毒へびとかいうがあれは嘘。丸くても毒へびはいる。

毒へびかどうか見分けるのは、毒へびを覚えるしかないのだ。

アルビノのタイコブラ。もちろん超危険。

その横にふれあいコーナー。自由すぎるわw

日本唯一のアカドクハキコブラ。こいつは本当に危険で、人の目を狙って毒を吐いてくる(!!)ので、

ここでは館長さんのみが取り扱うんだとか。

ちなみに、飼育ケースについているこれは飼育する上での許可証。

これがないと飼ってはいけない。変な話あれば一般でも飼えるが、そう簡単に許可してくれないだろう。

ヌママムシ。

かわいい顔だけど毒へび!ツノスナクサリヘビ!

綺麗だけどやっぱり毒へび、ブッシュバイパー。日本唯一・

展示場はこんな感じ!

ぜひ読めたら読んで!!毒へびの飼育は適さない、プロがいうのだから絶対なのだ。

ちなみにこれが血清。噛まれたら使う。

さて、前半はここまで!まだまだ撮ってきたけど疲れたからw

スポンサードリンク

動物の値段 (角川文庫)
クリエーター情報なし
角川書店(角川グループパブリッシング)
スポンサードリンク

投稿者:

liena_bard

趣味で全国の水族館をメインにたまに動物園を巡ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です