イエアメガエルを飼ってみた

今回はイエアメガエル!海外に住む日本のアマガエルの仲間で綺麗な緑や青などの品種がいる。
値段も数千円程度と安く、カエル入門としては飼育は容易、樹上性で張り付くの大好き。
餌も大人になれば数日に一回とかでもOK、人口餌もあり、餌付けば虫でなくても飼育できるのが良いところ。
寿命も15年平均と長く、大人しいのでペットとしても人気。
もともとカエルはそんな好きじゃないけどなんならさわるのもちょっとそんな・・・な自分でも触れるほど穏やか。
今じゃ手だすと乗ってくる!ちなみに、手がぺたぺたしててかわいい。
さて、うちでの飼育環境ですが
うちではこんなセッティングで飼育しています。
・ケージ
・パネルヒーター
・照明
・水入れ
テラリウム用として
・管
・鉢底石
・ソイル
・コケ
・植物
中はこんなかんじ

まず、ケージはJEX のEXO TERRAの3030です。

 

重要なのは、逃げ口がないこと!カエルなのでいろんなところに張り付き、どこか空いていれば脱走なんて容易。
これは前の扉で管理、上部はメッシュなので、逃げる心配がないので安心。
あとは、パネルヒーターと水入れ。

水入れは、イエアメガエルは泳ぐカエルではなく、水浴びに近いような使い方をするので、体がはいりかつあまり深くないものを用意してあげればぶっちゃけなんでのオーケー。

基本飼育はこんなもんで、あとは湿度を保てばオーケー(朝、夕の霧吹きなど)

床材はペットシーツなんて人も多い。

 

うちでは、写真のようにテラリウムで飼育しているのですが、まずが底に軽石(ホームセンターで購入)、

上に両生類とか使うソイルを置く。

そのうえに土を敷いて(これまたホームセンターで購入)そのうえにコケを敷いて、植物(こちらもホームセンター)を植えて完了。

ちなみにケージと生体あわせて1万円ぐらいだったような・・・

写真左前に管を入れており、ここで大量に水をいれたいとか、水が多すぎる場合はスポイトで吸い取れる口として使用。

普段の手入れは朝晩の霧吹き、カエルのうんち取り、伸びすぎた植物の手入れぐらいですね。

 

餌は家では生きたコオロギをあげてます。コオロギにはカルシウムをまぶしてね。

もともと、人口餌になれていない子を飼ったのでしかないですが、人口餌に慣れている子を飼えば生餌じゃなくても大丈夫!

 

こんなのがあります(実際にお店であげているところもあります)

 

 

以上、うちでのイエアメ飼育でした!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

投稿者:

liena_bard

趣味で全国の水族館をメインにたまに動物園を巡ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です