ダイナンギンポ飼ってみた

果たしてこの名前の魚を知っている人がいるのだろうが・・・
写真右がダイナンギンポ。今回も失敗談。ダイナンギンポの幼魚を磯採取で捕まえまして。
せっかくなので飼育チャレンジしましたが、やっぱり餌付けが難しいって話です。
うちセッティングは以下でした
・水槽
・ろ過機
・ライブロック
・サンゴ砂
・人工海水
・ヒーター
と一般的な飼育環境でした。
ダイナンギンポ自体は飼育がしやすく、タフなおさかならしいのですがそれは「大人」のお話、自分が捕まえたのは3cmほどの稚魚(ちなみに大人は20cmにもなる)で、まず餌の確保が難しかった・・・
試したのが
・ブラインシュリンプ
→よく食べるが、小さいので捕まえづらいよう
・ホワイトシュリンプ
→つつくけど、でかくて気に入らない模様
・クリル
→ちぎってあげるが、もっとでかくて気に入らない模様
・海水魚の餌
→食べない
という状況が続き餌付けがうまくいかなかった・・・
確か一か月ぐらいで☆になってしまった・・・大きくしたかったなぁ・・・
野生の稚魚は難しい!
大人ではイソメやアサリ、エビなど何でも食べるらしいんだけどねー。
うちではにょろたんと名前をつけてかっていたのだけど、もう一度飼いたい!と前にいたところで再度捕獲にチャレンジ!
今度は立派な大人が取れてしまい、見た目のギャップに引いてリリースしましたとさ。
小さいにょろにょろが可愛かった・・・
ちなみに、ダイナンギンポは食べるとおいしいらしい。
スポンサードリンク

投稿者:

liena_bard

趣味で全国の水族館をメインにたまに動物園を巡ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です